米国株最低手数料が$5→無料!って本当に得なの?手数料の疑問

米国株最低約定手数料 米国株

米国株の最低取引手数料の値下げ競争を行ているSBI証券・マネックス証券・楽天証券。

3社すべて、最低取引手数料を0ドル(無料)にすると発表しました。

 

ただ、米国株取引手数料は2種類→取引手数料と最低取引手数料があります。

「最低手数料が無料になるのがどれくらい得なのか」確認してみました。

 

・手数料の仕組み

・5$→0円(無料)で得になる取引価格はいくらか

 

SBI証券・マネックス証券・楽天証券の米国株各社HPを見て調べました。

スポンサーリンク

まずは米国株手数料について

 

米国株は 基本的に1取引につき約定代金の0.45%手数料がかかります。

 

この手数料はSBI証券・マネックス証券・楽天証券の各社同じようにかかる手数料です。

1回米国株を購入すると、購入代金×0.45%が必ず手数料として徴収されるという事です。

 

米国株取引では基本的にかかる0.45%の取引手数料に下限と上限があります

 

米国株取引手数料の下限を最低取引手数料と言います。

今までは、最低取引手数料が5ドル(SBI証券・マネックス証券・楽天証券の各社同じ)でした。

これは、米国株取引手数料の手数料0.45%が5ドル以下の場合は一律5ドルかかる事を意味します。

 

例えば…1ドルの米国株を購入した場合の手数料は 1ドル×0.45%=0.0045ドル

この取引でかかる手数料は 最低取引手数料の 5ドル です。

 

約定代金が約1113.33ドルまでは、一律5ドルの最低取引手数料がかかっていました

 

例えば…コカ・コーラ【KO】は1株約51ドル(2019年7月10日現在)で、日本円にして約5,500円の株を購入するのに手数料が日本円で約540円かかっていました。

 

日本の現物株の手数料に比べると10倍くらいするので、米国株取引は手数料が高いなぁと感じてしまいますよね…

 

SBI証券・マネックス証券・楽天証券の3社の米国株最低取引手数料の値下げ競争がおきました。

スポンサーリンク

SBI証券・マネックス証券・楽天証券の米国株最低取引手数料比較

 

SBI証券・マネックス証券・楽天証券の3社は、基本取引手数料0.45%はそのままです。

最低約定手数料の5ドルを値下げあるいは無料化しました。

 

【手数料の比較表】

SBI証券 マネックス証券 楽天証券
取引手数料 約定代金×0.45%  約定代金×0.45%  約定代金×0.45%
最低 約定手数料 0円(7/22~) 0円(7/8~) 0円(7/22~)
最高 約定手数料 20ドル 20ドル 20ドル

 

マネックス証券の最低約定手数料0.01ドルが適用されるのは約定代金が2.22ドル以下の取引になります。(マネックス証券HPより)SBI証券と楽天証券は最低約定手数料5ドルを撤廃し、取引手数料約定代金×0.45%の適用です。マネックス証券の最低約定手数料0.01ドルが適用される約定代金2.22ドル以下の取引は、SBI証券と楽天証券の方が得となります。

【追記】マネックス証券も最低手数料0円としましたので、各社横並びとなりました。

 

楽天ポイントを貯めている場合は、楽天証券はポイント付与率の点で楽天証券がお得です。

最低約定手数料5ドル→0円で得になる取引価格

 

最低約定手数料5ドルが値下げ(撤廃)になった事で

 

一律5手数料がかかっていた約定価格約1113.33ドルまでの取引は

約定価格×0.45%の取引手数料が適用

手数料が安くなります。

 

どっちみち手数料がかかる事お気づきでしょうか?

 

最低取引手数料は0円になりましたが、取引手数料はきっちり取られます。

 

今までは、1ドルの約定でも5ドルの手数料徴収の最低取引手数料が撤廃になっただけで、取引手数料0.45%が適用になる。という事です。

 

結局取引手数料は取られるんだよね

NISA口座なら取引手数料は無料

 

最低約定手数料の無料化が話題になっている米国株取引ですが

NISA口座なら、そもそも取引手数料が無料です。

安定的な配当と強い米国株はこれからの資産形成には欠かせません!

私は、米国株取扱い数№1のマネックス口座で米国株取引をしています。

米国株の魅力とマネックス証券での米国株投資の始め方を画像付きで解説

 

マネックス証券公式HP

米国株
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab