分散投資のために米国株ETFを購入した結果

「日本は経済成長は期待できない」

となると、日本だけでなく海外にも投資先を広げた方がイイと感じますよね。とはいっても、日本株でも銘柄選定が難しのに、海外投資となると、地域・国・銘柄… 選択肢がいっぱい。

海外に分散投資したいけど、どうしたらイイの??初心者の私はまず、米国株ETFから始めました。

指数に連動した米国株ETFなら初心者でも投資しやすいよ

ETFとは

 

ETFとは、特定の指数、例えばS&P500指数等の動きに連動する運用成果をめざして
東京証券取引所などの取引所に上場している投資信託です。

 

ETFの特色

 

・分散投資できる
・費用が安い(信託報酬・維持費など)
・いつでも売買できる

 

投資信託とETFの違い

 

分散投資の代表と言えば投資信託。ならば投資信託でもいいのでは?

投資信託とETFの大きな違いは取引市場に上場か非上場かという点です。

 

ETF=上場 投資信託=非上場です

取引市場に上場しているという事は株式と同じように売買できます。流動性が高く売買しやすいと言えます。

ETFと投資信託の違い

ETF 投資信託
上場・非上場 上場 非上場
取得価格 市場価格(リアルタイムで変動) 1日1回算出される基準額
買い方 株式と同じ指値・成行 基準額を元に決定された購入価格
コスト ETFより高
スポンサーリンク

私が保有している米国株ETF紹介

 

私の保有している米国ETFをご紹介したいと思います。

 

【VOO】バンガード・S&P500ETF

 

S&P500種指数に連動

配当利回り 1.87%
配当金回数4回/年
経費率0.04%

組入れ上位3銘柄
【AAPL】 アップル
【MSFT】 マイクロソフト
【AMZN】 アマゾン

構成銘柄は主に米国の大型株です。経費率(信託報酬等)が圧倒的に安いですね。

 

【IWM】iシェアーズ ラッセル 2000 ETF

 

ラッセル2000(アメリカの小型株指数)に連動

配当利回り 1.15%
配当金回数 4回/年
信託報酬 0.2%

組入れ上位3銘柄
【FIVE】 ファイブ・ビロウ 廉価商品専門の小売店
【IDTI】 インテグレーテッド・デバイス・テクノロジー(半導体)
【HAE】 ヘモネティクス(医療機器)

米国の中・小型株を保有し、ラッセル3000種指数のうち時価総額が下位の2000銘柄に投資しています。
なので、組入れ銘柄が聞いたこともない企業(汗)

 

【PFF】iシェアーズ 米国優先株式 ETF

 

S&P米国優先指数に連動

配当利回り 5.31%
配当金回数 12回/年
信託報酬 0.46%

 

構成銘柄
総合金融、銀行、不動産、保険、ユーティーリティー、自動車と部品、資本財、電気通信サービス、エネルギー、S-T証券、及びその他のセクター

優先株式とは、議決権のない株式です議決権がないため高配当です

日本で米国株投資しても議決権を行使する事は出来ないので、議決権が無くても問題ないですね。

 

【RSX】ヴァンエック・ベクトル・ロシアETF

 

MVISロシアTR(ロシアの上場銘柄)に連動

配当利回り 4.26%
配当金回数 1回/年 投資地域 ロシア
信託報酬 0.67%

組入上位3銘柄
【OGZD】  ガスプロム (ガス・石油)
【LKOD】  ルクオイル (石油会社)
【SBER】  ズベルバンク・オブ・ロシア(銀行)

ロシア危機の時に購入しました。

 

【IXC】iシェアーズ グローバル・エネルギー ETF

 

S&Pグローバル・エネルギー株価指数に連動

配当利回り 2.69%
配当金回数 2回/年
経費率 0.47%

組入上位3銘柄

【XOM】 エクソンモービル
【CVX】 シェブロン
【FP】 トタル

石油やエネルギー関連です。

 

【IXP】iシェアーズ グローバル電気通信 ETF

 

S&Pグローバル1200通信サービス・セクター指数に連動

配当利回り 4.62%
配当金回数 2回/年
経費率 0.47%

組入れ上位3銘柄
【FB】   facebook
【GOOG】 アルファベット
【T】   AT&T

通信事業関連です。
私が購入した時の組入れ上位銘柄はAT&Tやボーダフォンだったのですが、いつの間にかfacebookが上位になってる。

 

【JXI 】iシェアーズ グローバル公益事業 ETF

 

S&Pグローバル公益事業株指数に連動

配当利回り 3.36%
配当金回数2回/年
経費率 0.47%

組入上位3銘柄

【NEE】ネクステラ
【DUK】デューク
【D】 ドミニオン

世界の公益事業株を保有。米国の電力・ガス会社を中心に投資しています。

 

【XLP 】生活必需品セレクト・セクター SPDR ファンド

 

コンシューマーステープルズ ・セレクト・セクター指数に連動

配当利回り2.90 %
配当金回数4回/年
経費率 0.13%

組入上位3銘柄
【PG】 P&G
【KO】コカ・コーラ
【PEP】 ペプシコ

米国の大柄生活必需品関連です。フィリップモリスやアルトリア、コストコも組入れられています。

まとめ

米国株ETFと言えば有名な【VOO】【 VTI】【 IVV】の中でなせ【VOO】をチョイスしたのか?

という疑問を持たれた方がいるかもしれません。

その理由は

シーゲルの本にVOOとIWMだけ買ってればいいと書いてあったから~

配当利回りやパフォーマンスも良いので、米国株ETFを購入して良かったと思っています。

こうやって見直してみると、【IXP】もう少し買増ししてもイイかなと思っています。また購入意欲がわいてきました!

米国株ETF購入は…

手数料が最も安い証券会社はマネックス証券です。
私は米国株はマネックス証券で購入しています~

コメント

  1. […] 参考 詳しい米国株ETFについてはこちらから […]