【超初心者向け】マネックス証券の具体的な米国株口座の開き方

配当金生活

Amazonコカ・コーラなどグローバル企業が多く、その上 配当重視・連続増配企業 も多いのが米国株。

配当金で生活に潤いを持ちたいなら米国株投資は絶対!

難しそう?英語が出来ない?そんな心配する必要は全然ありません。

少額でしかも簡単に始めることが出来ます!私も取引しているマネックス証券での米国株取引口座の開設方法を詳しく書きました。

 

スポンサーリンク

米国株とは

 

米国市場⇒アメリカ合衆国の株式市場に上場する株式の事

 

米国市場と言ってもアメリカ合衆国の株だけでなく色々な国の企業が米国市場に上場しています。

アメリカ合衆国の企業だけでなく、他の国に本社がある有名企業に投資する事が出来ます

 

例えば

【BABA】アリババ 中国のECサービス最大手

【UL】ユニリーバ イギリスの大手一般消費財メーカー

などもNYSE(ニューヨーク証券取引所)に上場しています。

 

米国株の仕組み

私の1株しか保有していないウォルマートのマネックス証券での保有画面を見ながら説明します

米国株 ウォルマート

 

銘柄コード

 

アルファベット1文字~5文字で表します

 

日本株での銘柄コード数字4桁ですが、米国株では「ティッカーシンボル(ティッカー)」とよばれアルファベット1文字~5文字で表示します。

【例】ウォルマート→(WM)

銘柄検索する時はティッカーを入力します。

購入単位

 

1株から購入できます

 

日本株のように100株単位や1000株単位など単位でまとめて購入する必要はありません。

1株だけ購入してもきちんと配当金は口座に入金されます。

例えばウォルマートは1株96.45$ 大体1万円前後で購入できます。

もちろんもっと安く買える銘柄もたくさんあります。

値幅制限

 

値幅制限はありません

 

値幅制限とは1日で株価が上がりすぎたり、下がりすぎたりすることを抑える仕組みです。

値幅制限が米国株市場ではありません。

決済通貨

通常は日本円を米ドルに交換してから買い付けます。

日本円で直接米国株の買付をする事も可能です。

マネックス証券やSBI証券では米ドルに為替振替しなくても直接円で米国株を買い付ける事ができます。

スポンサーリンク

米国株取引が出来る証券会社

マネックス証券

SBI証券

楽天証券

 

私は米国株取引はマネックス証券です

マネックス証券は銘柄数の多さ・サービス(NISA口座利用で買付手数料全額キャッシュバック)トレードツールの充実さでおすすめです。

関連 米国株取扱い数No1のマネックス証券での米国株の買い方徹底解説

 

米国株取引の流れ

証券会社は口座の開設時、手数料はかかりません。

銀行のように口座開設時にお金の入金は必要ありません。

私の利用しているマネックス証券で説明します

マネックス証券の口座をお持ちでない方は…

1.マネックス証券で証券総合取引口座を開設します
→証券総合取引口座とは、日本株式等を取引する為の口座です。

 

マネックス証券公式HP

 

マネックス証券ですでに口座をお持ちの方は

2.外国株取引口座を開設する(数営業日かかります

3.口座が開設出来たら資金を移動します。

 

STEP1 証券総合取引口座から外国株取引口座に日本円を振替

ここはリアルタイムで外国株取引口座に反映されます。

 

STEP2 日本円を米ドルへ交換 または 円貨資金の連携指示

→日本円を米ドルへ交換する場合、取引サイトへの反映は20:30頃になります。
但し14:30までに米ドルに為替振替する必要があります。

「円貨資金の連携指示」場合は日本円のまま直接取引が可能です。

 

資金の移動が出来たら米国株取引の開始

 

マネックス証券の米国株の最初の画面がわかりにくいので、スクショを載せますね。

右側の米国株取引をクリックすると取引ログイン画面に行くことができます。

まとめ

とっても簡単に始めることのできる米国株取引。少額から始められるべ米国株取引は夢の配当金生活への近道です。

米国株投資No.1 マネックス証券

☆米国株 取扱い銘柄数3000銘柄以上。
NISA口座ならいつでも買付手数料全額キャッシュバック。
☆高性能トレードステーションが誰でも無料で使える。
今なら米国株デビュー応援!手数料全額キャッシュバック