当然と思っていた5つの事を止めたら年間13万円も節約できました

節約と家計とお得情報

お金を貯めるには 支出を減らす 事も大切ですよね。

この支出は本当に必要なのか???

当然必要と思っていたその支出、意外とやめてみると全然平気、むしろやめた方が良かったと思える。そんな事もあります。

今回は我が家で今まで当然必要と思ってたけど、やめてみたら13万円も節約できた5つの事をご紹介します。

スポンサーリンク

我が家でやめた事5つ

我が家で当然と思っていたけど、やめてみたら全然大丈夫だった事をご紹介しますね。

 

大手キャリアのスマホ

大手キャリアのスマホ代ってホントに高い。ドコモ・ソフトバンクの利用経験があります。

✔通話をほぼしない

✔プライベートでしか使わない

なら格安スマホで十分です。データ使用料2GBのプランでもスマホアプリで株取引が十分できます。

私は仕事で若干通話もするので、通話が無料通話プランのあるYモバイルにしました。10分間は通は無料です。大体10分あれば要件は足りています。

自宅のインターネットや電話がソフトバンクなら、Yモバイルと「まとめておうち割」がでます。

 

節約できた金額を計算します。

ソフトバンク スマ放題データ2GB 6,500×12=78,000×2=156,000円
Yモバイル   スマホプランS              2,980円×12=35,760×2=71,520円

節約できた金額 84,480円

夫の美容院

美容師さんと話をするのが苦痛な人っていますよね。夫がそうでした。

嫌なら私が切ってみようか。と軽い気持ちで切ってからもう5年位、自宅で散髪しています。

YouTubeの美容師さん公開している「髪の切り方の動画」を見て参考にしています。

髪型にあまりこたわりがなく、美容室が苦手なご主人なら試してみる価値ありだと思います。

スキンシップにもなりますよ(笑)

 

節約できた金額を計算します。

男性の美容室に行く頻度は平均2か月に1回なので、年間6回1,000円カットに行ったとします。

1,080円(税込)×6回=6,480円

節約できた金額 6,480円

 

縮毛矯正

 

私はうねるくせ毛で、物心ついた時から縮毛矯正をかけていました。

縮毛矯正は時間もかかるし、お金もかかる。その上髪も傷んでピンピンしてまとめてもかっこがつかない… 子供が産まれた事を気にやめたいと思っていました。

美容師さんが言うには、うねるくせ毛は大体生かす事ができるとの事。

くせ毛を生かせるかどうかのポイントは襟足に強い癖があるかどうか

襟足のくせが弱い場合はうねるくせを生かした方が良いと言っていました。

縮毛矯正は年3回位していました。縮毛矯正を辞めてからは、3か月に1回(年4回)位カットに行きます。

 

節約できた金額を計算します。

縮毛矯正15,000円×年3回=45,000
から
カットのみ4,000円×年4回=16,000

節約できた金額 29,000円

 

うねるくせ毛の人にお勧めなのは「N.ポリッシュオイル」と「ナチュラルバーム」を1対1で手のひらでのばし、髪になじませると、イイ感じで濡れ髪になり広がりも抑えられます。

後頭部からなじませる事と、付ける量をケチらない事がくせ毛がまとまるコツです。

女性誌を買う事

メイクやファッションはインスタでも十分です。メイクやヘアアレンジの動画も充実しています。

女性誌は購入しても何度も読み返す事もしないので、すぐにゴミになってしまう。ならば最新号を図書館で読めば十分だな~と思いました。

女性誌は美容院や図書館で見るだけです… 図書館にはびっくりするほど色々な種類の雑誌が置いてありますね。

雑誌を買う事は止めましたが、なんども読み返したい本は買うようにしています。(電子書籍はなぜか苦手です…)

 

節約できた金額を計算します。

雑誌VERY720円×12か月=8,640

節約できた金額 8,640円

 

スポンサーリンク

プラズマテレビ

10年前くらいに購入したプラズマテレビをずっと使っていました。

プラズマテレビってテレビからの熱気がすごい。きちんと映っている間は買い替えるつもりも無かったのですが、ついに壊れてしまったので、液晶テレビに買い替えました。

 

42型で電気代を比較します。

プラズマテレビ 年間3,456円(パナソニックビエラ)
液晶テレビ   年間2,542円

節約できた金額 914円

 

年間で節約できた金額

 

5つの事をやめただけで 年間 129,514円 の節約になりました。

無理やり止めたというわけではないので、これだけの金額が節約できたのは嬉しいです。

スマホ代が大きいです。

お読みいただきありがとうございました。

 

節約と家計とお得情報
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab