楽天証券の投資信託の積立引落先に楽天クレジット決済が登場

楽天証券で、楽天カードクレジット決済で投資信託の積立が出来るサービスが10月28日からスタートしました。

楽天カードでクレジット決済できるようになり、ますます楽天ポイントが貯まるチャンスが増えました。

前から積立投資信託の引落設定は楽天カード引落しているよ

従来の楽天カード引落設定と10月28日からスタートした「楽天カードクレジット決済」はサービス内容が違います。

投信積立の引落方法に楽天カードクレジット決済が登場

2018年10月28日に

投信積立(積立投資信託)の設定の際の引落方法に楽天カードクレジット決済が新たに加わりました。

 

楽天証券の積立投資信託

 

楽天証券の積立投資信託は100円から投資できる銘柄が2500件以上

楽天スーパーポイントで投資信託の買付も可能です。

 

楽天カードクレジット決済に設定で付与されるポイント

 

決済額の100円につき楽天スーパーポイントが1ポイント付与

 

楽天クレジット決済で付与されるポイントは通常ポイントです。

通常ポイントなので、次回積立て投資信託購入時に利用できます。

 

今までの楽天証券での積立投資信託は…

 

楽天SPUがアップします。しかし、楽天スーパーポイントの付与はありませんでした。

※楽天SPUは楽天市場でのお買い物時に付与されるポイントがどんどんアップするプログラムです。

参考 楽天証券が楽天SPU対象に500円投資でポイントアップ

スポンサーリンク

楽天カード引落と楽天カードクレジット決済の違い

 

今までの「楽天カード引落」と今回の「楽天カードクレジット決済」は違うので注意が必要です。

 

楽天カードなのに何が違うの?

 

今までの楽天カード支払口座からの引落の設定は

 

楽天カードの引落先として登録している銀行口座からの自動引落の設定です。

 

楽天カードクレジット決済は

 

楽天カードクレジット機能を利用したサービスです

 

クレジット機能
俗に言うカード払いです。楽天カードは1回払い・2回払いは手数料はかかりません。
積立投資信託の買付けにクレジット機能を利用するには1回払いなので手数料はかかりません。

 

楽天クレジット決済と楽天カード支払い口座からの引落の違いの比較

引落方法 楽天カードクレジット決済 楽天カード支払い口座
楽天スーパーポイント付与 あり なし
積立限度額 5万円まで 上限なし
最低積立金額 100円~ 1,000円~
積立指定日 毎月1日 毎月1日
ポイント積立 ×
ボーナス設定 ×

 

 

「楽天カード支払い口座」と「楽天クレジットカード決済」は結構違いがあるね。注意しなくちゃ

楽天カード支払い口座を変更しない方がいい人

 

・毎月5万円以上積立したい人
・ボーナス時に多めに積立する設定をしたい人
・毎日積立したい人

 

は今まで通り「楽天カード支払い口座からの自動引落」が向いています。

 

100円からの少ない金額でコツコツ投資信託を積立たい人は、楽天カードクレジット決済に設定または変更した方が圧倒的にお得!!

 

楽天カードクレジット決済の注意点

 

投信積立の引落設定を楽天カードクレジット決済にする場合の注意点がいくつかあります。

 

楽天カードクレジット決済ができる対象口座

 

楽天カードクレジット決済ができる対象口座は

特定口座、一般口座、一般NISA、積立NISA

 

ジュニアNISA、法人口座、iDeCoは対象外です。

※楽天クレジットカードは18歳未満は入手できません。

 

楽天クレジット決済で利用できるカード

 

楽天証券口座と楽天カードの名義は同一でなければなりません。

 

カードの種類 利用の可否
家族カード ×
ビジネスカード ×
提携カード

引落方法の設定方法

 

今まで積立ていた人は設定内容訂正から行います。

※12月から切り替えるには11月6日までに設定を変更する必要があります。

投信トップ画面の「積立設定照会・訂正・解除」から訂正します。

 

引落口座と引落日の選択の画面で「楽天クレジットカード決済」を選択します

新たに設定する人も同じです。

この画面で引落方法を「楽天カードクレジット決済」に選択すればOKです。

合わせておすすめ

楽天銀行の資金のお引越し定期なら資金移動だけで21倍の金利がもらえる