楽天経済圏で楽天ポイントで15倍お得に生活する方法

楽天経済圏がすごいことに!楽天グループが70以上のサービスを展開している世界でも類を見ないビジネスモデルです。

難しい事は一切ありません。楽天市場で買い物をしたら楽天経済圏の一員です。

楽天SPUでどんどん楽天スーパーポイントを貯めてお得に生活しましょう!

楽天経済圏とは

 

楽天経済圏とは楽天グループが展開している経済システム

 

楽天会員を中心にネットとリアルに広がっているサービスです。

楽天経済圏では効率的に楽天スーパーポイントを貯めたり使ったりすることができます。

 

楽天経済圏にあるサービス

 

楽天グループと言えば楽天市場が代表ですがそれだけではありません。

楽天市場
楽天カード
楽天銀行
楽天証券
楽天保険
楽天Edy
楽天ふるさと納税
ラクマ
楽天モバイル… 多すぎて書けません。

 

楽天経済圏最大のメリット

 

楽天スーパーポイント倍率アップ

楽天経済圏で付与される共通ポイント「楽天スーパーポイント」を大量にゲットできる事がメリットです。

この楽天スーパーポイント付与率アップを「楽天SPU」といいます。

楽天SPUを語る前にまずは楽天ポイントの基本から

楽天ポイントの基本

 

「楽天スーパーポイント」楽天経済圏で貯まる共通ポイント

 

楽天ポイントは1pt=1円分

1つの商品の合計金額100円(税抜)からポイントが付きます。

通常の付与率:1% 100円で1pt(1円分)

利用できる期間
通常ポイント:最後に利用した時から1年間
期間限定ポイント:利用期間が短く設定(1か月など)

スポンサーリンク

楽天SPU 楽天スーパーポイントアップ

 

楽天経済圏を使えば使うほど楽天市場でお買い物時のポイント付与率がアップするプログラム

 

楽天市場買い物時通常1%のポイント付与率が

例えば
楽天会員(1倍)+楽天カード(+2倍)+楽天銀行引落(+1倍)+楽天市場アプリ利用(+1倍)1倍+2倍+1倍+1倍=合計5倍楽天市場での買い物がいつでもポイント付与率:5% となります。

 

楽天SPUすべてクリアするとポイント付与率最大15%になります。

 

いつでも付与率アップの楽天SPUは楽天市場で安く買い物したい主婦の味方

貯まった楽天ポイントの使い道

 

楽天スーパーポイントは楽天経済圏以外でも利用できます。

楽天ポイントはネット上だけでなく、リアルな世界でも利用できる店舗が増えています。

利用できる店舗

マクドナルド・ミスタードーナツ・Right-on・コスモ石油など100以上

利用できるオンラインサイト

無印良品・SHOPLIST・めちゃコミック・モラタメなど100以上

楽天ポイントを他のポイント移動

楽天ポイントをANAマイルへ
楽天ポイントをEdyへ

私は楽天ポイントで投資信託を購入しています。

楽天証券がSPU対象に500円投資でポイント付与率UP
ざくざくポイントがアップする楽天SPU。ついに2018年9月楽天証券が仲間入りしました。月1回500円分ポイント投資するだけでポイント付与率がアップするなら始めなきゃ損ですね。

 

楽天市場のすごいところ

 

楽天市場は楽天ポイントで購入してもポイントが付与されます。

ポイントに対してポイントがつくという。なんと素晴らしい。

 

楽天SPUだけじゃない楽天経済圏活用法

 

楽天スーパーポイントだけでない楽天経済圏活用法があります。

それは 楽天銀行へ「資金のお引越し定期預金1か月もの」

楽天銀行以外の銀行から資金を移動させるだけで、高金利がつく定期預金です。

資金移動で21倍の金利 楽天銀行徹底活用でボーナスを短期集中貯蓄
ボーナスや預金は効率よく運用。資金の移動だけでメガバングの21倍の金利をもらえる、賢く高金利をもらう方法を見つけました。

 

楽天経済圏の注意

 

お得がいっぱいの楽天経済圏ですが、しばしば改悪も行われています。

いつまでも同じ好条件が続くとは限りません。迷っているうちに改悪、お得を取り逃がす。

なんて事もあるのが楽天の注意点です。

まとめ

サービスを使えば使うほどお得になる楽天経済圏。

楽天経済圏への第一歩は年会費・維持費無料の楽天カードの保有から。

夫もライフカードから楽天カードに乗り換えました。