Tポイント・dポイント・楽天・Pontaポイント投資の仕組みと違い

ポイント運用お金の基本とクレジットカード

まだポイント貯めてるだけですか? ポイントは運用してもっともっと増やす時代。

ポイントをもっと増やしたい方。株式投資に興味はあるけど、いきなり現金で株式投資するのは不安な方。

そんな方にはポイントで投資がおススメ。 ポイント投資できる主なポイントはこの4つ

 

楽天ポイント・dポイント・Pontaポイント・Tポイント

 

この4つのポイントで体験できるポイント投資は、それぞれ仕組みや投資先が異なります。

それぞれのポイント投資について説明していきます!

 

スポンサーリンク

ポイント投資とは

各会社が発行するポイントで、ポイント投資の運営会社が提供する投資信託や個別の株を購入することが出来ます。

主なポイントとポイント運用先

ポイント運用先
楽天ポイントポイント運用by楽天PointClub
dポイントdポイント投資
PontaポイントPontaポイント運用
TポイントSBIネオモバ

 

一口にポイント運用と言っても、それぞれ仕組みや投資先が異なります。

ざっくりと説明すると

 

ポイント運用by楽天PointClubd・ポイント投資

Pontaポイント運用

ネオモバ

 

の順番で本当の投資に近づいていきます。

 

ポイント運用by楽天PointClubとdポイント投資は

投資は右も左もわからない初心者でバーチャル投資体験してみたい人向け。

 

Pontaポイント運用は

もう少し個別の銘柄や投資信託の値動きを感じる事ができます。

 

ネオモバは

少額から市場に上場している銘柄に投資できるので最も実際の投資に近いです。

 

ではそれぞれのポイント運用を見ていきます。

 

ポイント運用by楽天PointClub

ポイント運用by楽天PointClub

運用会社:楽天証券

月額費用:無料・口座開設不要

利用ポイント: 楽天ポイント(固定ポイントのみ)

投資可能ポイント数:100ポイント~

投資先:投資信託 アクティブコース・バランスコース2種類から選ぶことができます。

投資する投資信託は楽天バンガードです。

 

コメント

 

投資先はポイント数ごとに、アクティブコースとバランスコースの両方を選択する事ができます

私は100ポイントはアクティブコース・もう100ポイントはバランスコースと分けて始めました。

売却すると売却代金はポイントでポイント口座に戻されます。現金では戻って来ません。

 

▽楽天ポイント運用について詳しく知りたい方は▽

楽天ポイント運用で体験できる投資信託の種類と始め方【完全ガイド】
楽天ポイントでバーチャル投資が出来るポイント運用by楽天PointClub。証券口座が無くても簡単に始められ、運用は実際の投資信託に連動しています。

 

公式サイトで詳しく>

 

dポイント投資

dポイント投資

運用会社:株式会社お金デザイン(ロボアドバイザーTHEOを運営している会社です)

月額費用:無料・口座開設不要

利用ポイント:dポイント(固定ポイントのみ)

投資可能ポイント数:100ポイント~

投資先:投資信託 アクティブコース・バランスコース2種類から選ぶことができます。

 

コメント

 

アクティブコースとバランスコースの両方を選択する事は出来ません。(ポイント運用by楽天PointClubとは異なる点です)

途中でコースの切り替えは可能です。

売却すると売却代金はポイントでポイント口座に戻されます。現金では戻って来ません。

 

公式サイトで詳しく>

 

スポンサーリンク

 

Pontaポイント運用

Pontaポイント運用

運用会社:STOCK POINT 株式会社

月額費用:無料・口座開設不要

利用ポイント:Pontaポイント(固定ポイントのみ)

投資可能ポイント数:20ポイント~

投資先:個別株6銘柄・投資信託1銘柄・ETF2銘柄・REIT1銘柄 に投資出来ます

以下の銘柄から投資先を選ぶことが出来ます

〇個別銘柄一覧

ゲオホールディングス
日本航空
三菱UFJフィナンシャル・グループ
リクルートホールディングス
ローソン

〇投資信託

日経平均ダブルインバース・インデックス連動型

〇ETF

ダウ・ジョーンズ工業株 30 種平均
上海株式指数・上証 50 連動型

〇REIT (不動産投資信託)

ジャパンリアルエステイト投資法人

 

コメント

 

運用を開始するとPontaポイントは銘柄ポイントと呼ばれるようになります。

銘柄ポイントをPontaポイントに戻すときには5%の交換手数料が必要になります

銘柄ポイントを現金に換える事はできません

 

公式サイトで詳しく>

 

▽ETFについて詳しく知りたい方は▽

分散投資のために米国株ETFを購入した結果
初心者に始めやすい米国株ETF。投資信託と何が違うのか。主婦投資家が初めて購入した米国株ETFなどまとめています。

▽REITについて詳しく知りたい方は▽

【目指せ配当金生活】REITは安定・高利回りな投資先
配当金生活を目指すならREIT。ハイリスク?REITの利回りが良い理由?REIT詳細解説と保有銘柄を公開

 

ネオモバ

ネオモバ

運用会社:SBIネオモバイル証券

月額費用:口座開設が必要・アプリ利用月額200円

利用ポイント:Tポイント(期間固定ポイント含む)

投資可能ポイント数:1ポイント~ 現金と併用する事ができます

投資先:国内株式のすべての現物株・ETF・REIT

 

コメント

国内株式として上場している商品(現物株・ETF・REIT)は1株から購入できます。

例えばみずほフィナンシャルグループなら1株171円から購入できます。

 

Tポイント手続き(ID連携)を行う事で1ポイント=1円として投資金額に利用する事が出来ます。

株式を売却した代金は現金で口座に戻ってきます。

 

月額利用料200円が掛かりますが、何度取引を行っても月内約定代金の合計額が50万円以下なら取引手数料はかかりません

少ない投資金額から始められるとは言え、投資先の幅広さと現金でもどってくる点など、実際の投資に最も近いと言えます。

※WealthNavi for ネオモバへTポイントで投資する事は出来ません。

 

公式サイトで詳しく>

 

まとめ

お金は貯めるだけではなく、自分で運用していく力も必要になってきています。

節約と運用でどんどんお金を増やしていきたいですね。

関連記事 100円から始めるおすすめの投資信託を解説