【クレジットカードで気を付ける事・しない事】借金が重なる前に

クレジットカードで借金を重ねる前にお金の基本とクレジットカード

クレジットカードを利用しない理由は?使い過ぎてしまいそう。特に理由はないけど現金の方が良いから。

固定費や食費・日用品など日々の支払いにクレジットカード利用すると、ポイントがついてお得感アップ。

現金払いではポイント0お得感ナシです。そんなのもったいない。

しかし、債務整理の現場を見て1枚のクレジットカードから借金が重なり不幸の始まりになる事も知りました。

そんな経験からクレジットカード利用の時に

✔使いすぎを防止するために気を付けている事

✔クレジットカードの利用の時に絶対にしない事 をまとめました。

スポンサーリンク

クレジットカードの使いすぎを防止するために気を付けている事

クレジットカード気を付ける事

クレジットカードを使い過ぎないように利用する時に気を付けている事3つ

支払いは必ず1回払い

手数料を支払いたくないから、支払いは必ず1回払いにしています。

(最近ではクレジットカード会社によっては2回払いまで手数料がかからない会社もあります。)

ボーナス払いもしません。支払いを先送りしたくないので利用しません。

 

支払いは必ず1回払いの最大の理由は

クレジットカード利用でも出来る限り現金払いに近い状態で管理したい。からです。

 

クレジットカードの最大の敵は手元にない金額の買い物をカードの提示だけで出来てしまう事です。

楽天カードの自動反映なら、カレンダーに楽天カードの利用明細が自動反映されるので、財布から現金を出して購入した状態と同じように管理出来るのでおススメです。

参考記事 楽天e-NAVI活用法を解説

楽天カードでポイントゲット申込はこちらへ

利用するクレジットカードはメインとサブの2枚だけ

利用するのはメインのクレジットカードとサブのクレジットカードの2枚にしています

 

メインカードはポイント還元率とポイントの使い勝手の良い楽天カード

サブカードはnanacoチャージとHot Pepper関連の為にリクルートカード

 

メインカードを選ぶおススメポイント
✔ポイント還元率とポイントの使いやすさで選ぶ
✔利用するショッピングサイトと関連しているクレジットカードを選ぶ

 

クレジットカードは関連サービスを紐づけして利用するとよりお得に利用できます。

クレジットカードは使う枚数が少なければ少ない程ポイントの集約も可能で管理も楽です。

 

楽天カードは貯めたポイントでクレジットカードの支払いが出来る点が大きな特徴です。


 

明細を必ず毎月チェックする

請求金額のお知らせメールは大体、請求金額だけ、あるいは明細の詳細へのリンクが貼ってあるだけ。

気が付かなかったり、面倒で詳細までチェックしない。

なんて場合もあると思うのですが、使いすぎ防止のために毎月チェックする事をおすすめします。

楽天カードの利用明細を確認できる会員専用サイト(楽天e-NAVI)はポイントを貯めたり、ポイントをクレジットカードの支払いに充てる事もできます。

 

楽天会員の方で全然明細チェックしてい人は要チェック!

 

楽天e-NAVIでは利用明細を自動でカレンダーに反映するサービスがあり、家計管理が楽になっています。

楽天会員専用サイト楽天e-NAVI活用法はこちらの記事で詳しく書いています

【楽天e-NAVI活用】ポイント貯める・使う・自動で家計簿更新
簡単にポイントがゲットできてお得なキャンペーン情報が沢山の楽天カード会員専用サイト楽天e-NAVIの徹底活用方法をまとめました。
スポンサーリンク

クレジットカードの利用の時に絶対にしない事

クレジット絶対にしない事

クレジットカード利用の時に絶対にしない事2つ

リボ払いは絶対にしない

リボ払いは「残高スライド方式・定額方式」の2種類あります。

どちらの支払い方法も

手数料をクレジットカード会社に支払う必要があります

 

言い換えると「クレジット会社からお金を借りている状態なので手数料を支払う必要がある」と言えます。

 

リボ払いに変更すると高ポイントが付与される場合も多く、定額払いで計画的と宣伝されています。

しかし、支払い期間が長くなるほど手数料が増え本来の購入金額より多く支払う事になります。

 

リボ払いの金利は15%(年利)に設定されている場合がほとんどです。

住宅ローンの金利がフラット35(35年固定金利住宅ローン)で1.2%前後

メガバンク3行の預金金利が0.01%

比べてみると、リボ払いの金利はとても高い事がわかります。

 

キャッシングは絶対にしない

債務整理の現場を見て感じたのは

 

最初は1社のクレジットカードのキャッシングから始まる

2社3社とクレジットカードのキャッシングが増える

キャッシングだけでまかないきれず消費者金融での借り入れに至る。

 

という流れが多い。

一般的な会社員の場合、消費者金融などからの借り入れが300万円以上ある場合は、破産も選択肢に入ると教わりました。(住宅ローンは除きます)

クレジットカードのキャッシング機能はゼッタイに利用はしません。

キャッシング利用枠は常に最低金額であるように設定しています。

まとめ

ポイントが貯まってお得なクレジットカード。でも使い方ひとつで悪のカードにもなってしまいます。

債務整理のお手伝いをした経験から感じたクレジットカードの使い方。お役に立てると嬉しいです。

 

お金の基本とクレジットカード
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab