【つみたてNISA】向いているのはズバリ投資初心者の専業主婦

つみたてNISAのイメージ 投資信託

まとまった資金や時間的ゆとりが無くても投資ができる「つみたてNISA」

2018年から始まった新しい制度です。

つみたてNISAでの運用に向いている人はズバリ【投資初心者の専業主婦】です。もちろん主夫も。

スポンサーリンク

つみたてNISAとは

【つみたてNISA】

積立型の少額投資非課税制度

投資で得た利益税金がかからない期間:最長 20 年

投資金額:1年間40万円まで

通常は株式投資で出た利益に年間約20%の税金がかかるよ

つみたてNISAの特徴

積立金額は100円からと少ない金額でOK

投資できるのは一定の条件を満たした一部の投資信託だけ

定期的に一定金額を積立て、しかも一度申し込むと後は自動的に証券会社が投資信託を買い付けてくれます。

一般NISAと切替が可能です。但し、併用する事はできません。

途中で解約をして現金化する事も可能です。

注意点

投資信託の分配金を再投資する設定にしている場合は注意が必要です。

非課税枠年間40万円を超えてしまうと…

買付ができない・あるいは課税口座で買付がされ課税対象になってしまいます。

どちらの取り扱いになるかは証券会社によって異なります。

【例】

楽天証券:非課税枠40万円を超過した場合は買付されません。

SBI証券:非課税枠40万円を超過した場合は買付されません。

スポンサーリンク

一般NISAとは

【NISA】

少額投資非課税制度

投資で得た利益に税金がかからない期間:最長 5 年

投資金額:1年間120万円まで

投資信託だけでなく、日本株や米国株、REITなど幅広い商品への投資が可能です。

5年経過後は2023年まで新規NISA枠への繰り越し(ロールオーバー)が可能。

NISA口座では株主優待株も買えるよ

NISAとつみたてNISAの違い

NISAつみたてNISA
年間非課税枠120万円40万円
制度が利用できる期限2023年まで2037年まで
非課税で保有できる期間5年間20年間
投資できる商品投資信託・個別株など一部の投資信託
スポンサーリンク

iDeCoとは

個人型確定拠出年金→自分で作る年金です

年金がわりなので、iDeCo口座で積立て投資すると60歳まで現金化する事ができません。

口座管理費がかかります。

iDeCoはフリーランスに大きなメリットがあるよ

iDeCoの最大のメリット

積立てた掛け金の金額分が所得控除の対象になることです。

積立てた金額をそのまま収入からマイナスしてくれるので、所得税や住民税が安くなるメリットがあります。

 

つみたてNISAが専業主婦に向いている理由

つみたてNISA・NISA・iDeCoと比べてきました

つみたてNISAが投資初心者の専業主婦に向いている理由は…

 

【専業主婦】は所得による課税の心配がない iDeCoは却下

iDeCoとつみたてNISAをメリットデメリットで比べると

iDeCoのメリットは所得控除による節税効果

 

所得がなく所得控除の必要のない専業主婦にはメリットが薄い。

口座管理料がかかり、60歳まで現金化できないiDeCoをあえて選択する必要もないかな。

 

 【投資初心者向き】つみたてNISAでは無理な投資が出来ない

 

つみたてNISAの投資対象は一部の投資信託(ほぼインデックス型

 

✔投資できるのが比較的値動きが安定しているインデックス型の投資信託が多い点

✔投資金額が年間40万円までのため、ムリな投資は出来ない点

投資初心者はまずはつみたてNISAでコツコツ続けることが〇

継続は力なり

まとめ

✔所得控除の節税効果の必要が無い
✔少額投資で投資できる商品が比較的安定した投資信託である

以上から、つみたてNISAは投資初心者の専業主婦向けの商品と言えますね。

合わせておすすめ

・【失敗しない投資信託】自分にあった合った投資信託を選ぶ3つのポイント

 

投資信託日本株
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab