さらば節約疲れ!気が付かない無駄遣いをやめてお金を貯める方法

無駄遣いをやめる節約と家計とお得情報

お金を貯める条件は 収入より支出を少なくする こと。

なんだかんだ言ってこれしかありませんよね。支出を減らす王道は節約

 

節約しているのになかな支出が減らない。お金が貯まらないと嘆いているあなた。

もう節約疲れた

じつは自分では気付いていない無駄遣いがあるかも。

 

私がしている無駄遣いがやめられて、その上達成感も得る方法を紹介します。

スポンサーリンク

自分では気付かない無駄遣いとは

普段の食料品や日用品は広告でチェックしたり節約がしやすいですよね。

 

問題は普段の生活で「これ欲しいな、あったらいいな」ともや~っと考えているもの。

こういうものを、お店で見かけたとき

 

「これ欲しいと思ってたんだよね~安売りしてるしイイかも」

 

と思ってなんとなく買ってしまっていませんか。家族で買い物に行ったときなど、夫から

 

これ欲しいって言ってたよね。安いし買っちゃえば?

なんて言われてつい買ってしまったり…

 

私はたまにあるんですねこういう事

このモヤ~とした買い物が節約を邪魔している

事に気が付きました。

自分でも気が付かない無駄使いのをやめるには

モヤ~とあると良いなと思っていたものが、たまたま買い物に行った時にイイなと思ったので買った。

でも、家に帰って来て無駄遣いしちゃったかな…とうっすら後悔する買い物。

 

このなんとなくの消費が無駄使いにつながっていたり、節約の反動でむやみにイイものを買ってしまったりしている事に私は気が付きました。

 

そこで、この生活する上で必要だけど、必需品では無くて、じっくり考えてお金を貯めて買うほどでもないもの。

普段の日用品以外で「これ欲しいな、あったらいいな」とふと思ったりなんとなく考えているもの。

 

このなんとなくモヤ~と行っている買い物たちを見える化してみました。

 

すると、ものすごい満足感を得ながら無駄遣いをやめる事ができました

スポンサーリンク

モヤ~とした買い物を見える化し無駄遣いをやめる方法

私がしているモヤ~とした買い物を見える化」して無駄遣いをやめるために行っている方法をご紹介します。

 

必要な物

メモ(紙でもスマホでもなんでも構いません)

自分ひとりでもできますが、家族みんなでした方がより効果的です。

 

まず欲しいものリストを作ります。

もや~っと欲しいな。あったら便利かな~と思っているものを書き出していきます。

隣に予算も書き込みます。

我が家の一例

欲しいもの 予算

□新しい弁当箱 500円
□夫の下着   3枚1000円
□ほう砂(スライム作りに使います) 500g780円
□座布団カバー 1000円
□こたつカバー 4000円
□イヤホン   4000円
□折りたたみ自転車 12000円

まず、欲しいものを書き出している最中に「これいらないかも」と思うものも出てきます。

その商品は横線で消します。

 

リストが作り終わったら

リストアップした欲しいものの価格をネットで調べます。

 

価格を調べている間にウィンドーショッピング感覚で買い物気分が満たされてくる事があります。

そもそもめんどくさくなって、いらないな思う物も出てきます。

価格まで書き終えたら、1週間くらい寝かせます

 

1週間くらい経った後、リストを再度見てまだ購入意欲が残っている物は購入します。

ここまで来ても欲しい物なので、むやみに安いもので妥協はせずにきちんと欲しいものを買うようにします。

購入したら、□に✔をいれます。購入した金額も書きます。

欲しいものリストに✔を入れていくことでスタンプラリーのような達成感

予算より実際に安く購入で来た時はその満足感を味わいます。

 

こんな感じ

☑新しい弁当箱 500円
☑夫の下着   3枚1000円→800円
☑ほう砂(スライム作りに使います) 500g780円
□座布団カバー 1000円
□こたつカバー 4000円
□イヤホン   4000円
☑折りたたみ自転車 9800円

 

もや~と欲しいものを見える化する事で得られる効果

 

モヤ~と欲しいかもと思いついたらすぐ

①リストに書いて見える化する
②価格を調べる
③ちょっと放置する
④購入する
④リストに✔する

わりとモヤ~と欲しいものくらいだと③の状態で購入意欲が薄れる物も多いです。

ここで一度無駄遣いがやめられます。

そして、節約疲れしてきたときに今までのリストを見返すと

 

「欲しいものはきちんと買っているな」という満足感

「無駄遣いはしていないな」という達成感

 

が沸いてきて、自分頑張ってる!まだまだやれる!と節約疲れがふっとびます。

 

「何にも欲しいもの買ってくれない~」と駄々をこねる子供と夫にもリストを見せれば

これだけ買ってるでしょ!!と見せつける事もできます。

 

節約頑張ってる!無駄遣いしていない!

小さな買い物でも、リストに書き出す事で 気が付いていないなんとなくの消費・無駄遣い をやめることができました。

 

メモと言えば今話題のメモの魔力。

まとめ

モヤ~と欲しい物をリスト化し見える化する事で

自分の考えや気持ち欲求を整理

小さな買い物でも達成感を大きく感じる事ができる

自分では気が付かなかった無駄遣いをやめることができる

家族みんなで行って、節約疲れを感じることなく無駄遣いをやめてお金を貯めたいですね。

▽貯まったお金は楽天1か月定期で賢く貯めよう▽
人気記事21倍の金利!楽天銀行資金のお引越し定期を徹底解説

 

節約と家計とお得情報
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab