一六堂のMBO手続きについて

一六堂(東証一部3366)が株式会社八超による株式公開買付により、上場廃止となる方針と発表しました。

私も一六堂の株式を保有しているのですが、MBOとは何なのか、保有している株はどうしたらいいのかまとめました。

一六堂の公開買付決定の文書はこちらからご覧になれます

一六堂が行う予定のMBOとは

一六堂のIRにはMBOを行うと書いてありますが、SBI証券のHPではTOBと書いてあります。

何かが違うの?

MBOとは

 

M&Aの手法の一つです。

M&Aは企業の「合併」と「買収」の事です。M&Aの手法のにはMBOやTOBがあります。

MBOとは

現在の経営陣が買収する事です。この場合経営陣が公開買い付けする事でオーナー経営者となります。上場廃止する前提で行われたりします。

TOBは

株式公開買い付けの事で、現在の経営陣ではない外部の企業または人が買付ます。他社が公開買付する事で傘下に入れる事ができます。

公開買付とは

ある会社の株式を「期間・価格・買付株数」を明示して取引市場を通さず株式を買い集める事です。

 

今回の一六堂は

 

一六堂の株式公開買付する株式会社八超の代表取締役は一六堂の代表取締役でもあるので、現在の経営陣が買収する「MBO」にあたります。そして一六堂は上場廃止の予定です。

一六堂は上場廃止基準に該当するおそれがあるため管理銘柄に指定されています。

いずれにせよ、一六堂の株式は公開買付されて上場廃止になる予定です。

 

MBO?TOB?そんな事より株の保有者はどうすればいいの?

スポンサーリンク

一六堂のMBOの手続き

 

公開買付代理人の証券会社に公開買付応募申込手続きをします。

公開買付応募申込手数料は無料です。

一六堂の場合は買付代理人がSBI証券なので、自分がどの証券会社で一六堂の株式を保有しているかで手続きが異なります。

 

SBI証券で株を保有している場合

 

SBI証券に公開買付応募申込書を請求して、申込用紙を返信します。

公開価格で買い取ってもらう手続きをします。

 

SBI証券以外の証券会社で株を保有している場合

 

①SBI証券に株式を移管する手続きをしてから

②公開買付応募申込をする手続きをします。

SBI証券への株式の移管手続きは保管振替機構を通じて振替手続きをします。

 

一六堂の株はカブドットコム証券で保有していました。

カブドットコム証券からSBI証券へ出庫

①SBI証券に書類請求し、カブドットコム証券に書類を提出します。

手続きには10日前後掛かります。

株式の移管手数料は無料です。

②移管手続き完了後、SBI証券に公開買付応募申込書を請求して申込を行います。

公開買付期間が12月18日までなので結構カツカツです。

詳しい手続きについてはSBI証券の公式ページで確認してください

 

私は以前別の保有株で移管手続きをした時、書類の不備があり10日以上かかってしまいました。

期限がある場合書類の不備や記入漏れには気を付けて!

 

上場廃止後も株を保有しているとどうなるの?

 

上場廃止すると、取引市場(証券取引所)で株の売買ができなくなります。

非上場会社によって処理が異なりますが、保有し続けるメリットはほぼ無いと考えられます。

まとめ

保有している株が公開買付で上場廃止になるのは初めてだったので、びっくりしました。

公開買付応募申込する場合は12月18日までに手続きを済ませる必要があります。早めの手続きをおすすめします。

詳しくは、SBI証券ホームページまたは、ご利用の証券会社ホームページにてご確認下さい。

 

 

日本株
スポンサーリンク
リッチLab