10年間家計簿を書き続けて気が付いた大切な事

家計簿をつける

きっかけは様々でも、家計管理や節約・貯金のために始めようと考える人は多いのではないかと思います。

家計簿をつけている、またはつけたいと思っている人は6割にも及ぶそうです。

私も10年家計簿をつけてきました。10年家計簿を続けて、実際にどんな効果があったのか

我が家の歴史と共に振り返ってみたいと思います。

家計簿を始めたきっかけは

私たち夫婦は月いくらあれば生きて行けるのか 知りたかったからです。

支出を知る事で、いくら収入があれば足りるのか。が知りたかったのです。

家計簿をつけ始めた当初は将来的に仕事を早期リタイアし、経済的自由を得たいと考えていました。

家計簿の形

家計簿は手書きかPCか悩んだのですが、自作のエクセルで始めました。

  • 固定費 家賃・保険料・通信費
  • 変動費 食費・光熱費・外食代・交際費・雑費

固定費は月1回記載し、変動費は1週間毎に集計していました。

家計簿に振り回された日々

毎月月末の恒例行事は月末に家計の収支を計算し、プラスかマイナスか発表する。

出費が多すぎる又は無駄だった。と思うレシートを眺め反省する。

しばらくはそれで順調だったのですが

私のイイ子ちゃんを演じるところがある
ストイックになりすぎる

という性格が災いしてしまう事になりました。

真実を映し出さない家計簿

主人に内緒で買った化粧品、これを家計簿に反映させるとまずい気がする。

 →このレシートは家計簿に反映しなくていいか。

今月は出費がかさんで、支出がいつもより多くなってしまってる。

 →この出費は書かなくてもいいか。

と、月末の収支を気にするあまり、本当は書かなくてはいけない無駄な部分が闇に葬られてしまいました。

鬼の節約

食費や日用品などはわかりやすく節約できるため

1円でも安く、安ければ安い程イイ とどんどん削りました。

主人のお酒も安ければ安い程イイ。

焼酎を例にすると

乙類「●霧島」→甲乙混合「〇のか」→「●五郎」

変えてもらいました。

しかし、ある日主人の飲みかけの●五郎の水割りを飲んで気が付きました。

「●五郎の水割りはこんなにもセメダインの香りがするんだ。主人はこの事を黙っていたんだ・・・
●五郎を買うときは一緒にハイサワーも買ってあげよう。」と。

生活するには、潤いも必要ですね。切り詰めてばかりでは息切れしてしまう。私は

家計簿の本来の目的は、家計を見える化する事・把握する事

だったことを思い出し

収支に気を取られ過ぎない時には生活に潤いも必要、と気持ちも新たに、家計簿を再開しました。

その後、家計簿アプリに出会い、ラクチンな上に、グラフも簡単に表示される事に衝撃を受けさっさと自作エクセルはやめて、アプリで家計簿をつける日々が続いていました。

さて、結果10年間家計簿をつけてみて気が付いたことは…

スポンサーリンク

家計簿をつけて気がつけば10年

10年間色々な事がありました。

結婚し、子供が産まれ、先物で大金を溶かし、大家が破産し借家が競売にかけられ引っ越しをよぎなくされ色々な事がありました。

家計簿をつけ始めた頃は月々の収支を初めて把握し、必要な支出・不要だった支出をあれこれ反省し、吟味する日々を送っていました。

徐々にやりくりも慣れてくると、激しく無駄遣いもしなくなり、イベント事で大きく変化する月はあるにせよ年間の支出が大体予想できる範囲で推移するようになってきました。

10年が経ち私の心に沸いてきた思いは

これ以上家計簿をつけても家計が改善する事はないのではないか。

家計簿をつける意味は

家計を把握する事→把握した家計の無駄を改善する事

本当に大切な事は

 

無駄遣いをしない事

言葉にすると簡単すぎるっ

でも、私は家計のサイクルを把握し→改善→反省→少し無駄遣い→反省

を繰り返し、家計簿をつけなくてもこの感覚が身体にしみこむまで10年もかかってしまいました。

基本めんどくさがりなので、無駄遣いせず、家計が把握できた感じがするので10年を持って家計簿をつける事を卒業しました。

現在の全財産を把握する方法

日々の家計簿ではなく毎月一定の日を決めて

銀行の口座
証券会社の口座

の金額を前月比でプラスかマイナスか算出するように変更しました。

こうする事で、現金の増減と投資の増減も毎月わかるようになりました。

偉そうに書きましたが、とっても簡単な方法ですねっっ。

自分にはこの方法が一番今はしっくりきています。

節約をストイックにやりすぎて人生そのものがつまらなくなってしまっては意味がないので

無駄遣いをしない

これだけ心に誓って、頑張らない節約生活をおくっています。

また、家計がぐだくだしてきたら家計簿が復活するかもしれません。

お読みいただきありがとうございました。

参加しています

にほんブログ村 株ブログ 主婦投資家へ

コメント