くじ運・資金力ナシでもIPO株連続当選!心がけている3つの事

IPO戦略や優待など

当たり付きアイスは私だけはずれ、ガラポンでは良くて5等ティッシュ…くじ運ナシ・資金力ナシ…

当然、IPO株に申し込みまくっても当選はほど遠く、くやしい思いをしていました。

 

でも、簡単な3つの事を心がけてIPO株の申込をし始めると驚きの結果になりました。

 

約8か月でIPO株に3回当選、今年は5月6月と連続して評価AのIPOに2回 当選しました。

私が心がけている3つの事、ご紹介します。

スポンサーリンク

IPO株とは

 

IPO株は新規公開株の事です。

 

新規公開株は上場前に公募価格というあらかじめ決まった価格で買うことが出来ます。

話題の株式の場合、上場するとこの公募価格より高額で初値が付き取引されます。

 

IPO投資法→ 初値-公募価格=利益

 

となります。

ただ、ここで大きな問題があります。

 

IPO株の参加の流れは

①「私、株価〇円で■株申し込みます!」と証券会社に申告します(ブックビルディングと言います)

②ブックビルディングを元に公募価格が決まります

③ブックビルディングに参加した人の中から購入できる人を抽選します。

④当選した人が上場前に公募価格でIPO株を購入する事ができます。

 

つまり、上場前に株式が公募価格で購入できるのは抽選で当たった人のみ。

 

まずは、抽選に当たらないと始まらないのです。

 

IPO株に当選する為に心がけている事3つ

 

まずは抽選に当たらないと始まらないIPO株。なんとかして当てたい!

抽選に応募する段階で「抽選資金の入金」が必要な証券会社も多いこともあり

 

ある程度の資金力がものをいう世界でもあります。

 

主婦にそんなに資金力ナイ!

 

くじ運・資金力がない場合 出来る限り効率よく、効果的に抽選に参加して 当選をゲットしないといけません。

 

そのために私が心がけている3つの事は

 

①本命だけ全力で申し込む
③SBI証券IPOチャレンジポイントを効果的に増やす
②申込証券口座を増やす

 

簡単な事ですが、3つの事をコツコツしています。

まず1つ目から見ていきます。

スポンサーリンク

本命だけ全力で申し込む

 

毎年数多くの企業が新規上場します。そのすべてに申し込みをするのは非効率的です。

 

IPO株の企業の中には、話題の企業もあれば、新規上場前から不人気な企業もあります。

少ない資金とチャンスを効率よく利用する為に

 

IPO株の初値予想をしているHPを見て「A・B評価以上のもの」だけ全力で申込をします。

 

全力というのは1株分だけ申込ではなく資金が許す限りの株数の申込をします。

 

「IPO 初値予想」でググると初値予想しているサイトが検索できますので、参考にしてみて下さい。

私は2サイト、参考にさせて頂いています。

 

初値予想でA・B評価以上ではないIPO株は一切ムシなのか。というわけでは実はありません。

 

SBI証券での申込に限っては、評価の低いIPO株にも余力資金がある限り最低単位は申し込みをします。

なぜか、SBI証券はIPO株の抽選にはずれるとその分お得になるからです。

 

SBI証券のIPOチャレンジポイントを効果的に貯める

 

SBI証券はIPO株に抽選に落選すると、IPOチャレンジポイントが貯まります。

 

IPOチャレンジポイントとは
SBI証券でIPO株の抽選に外れた場合、その回数に応じてIPOチャレンジポイントがもらえます。
貯まったIPOチャレンジポイントを利用してIPO株を申し込むと、通常よりもIPO株に当選しやすくなるサービスです。

 

当選よりも外れる事の方が圧倒的に多いIPO。

本命でないIPO株はSBI証券チャレンジポイントを貯めるために最低限度申込をしています。

貯まったIPOチャレンジポイントは本命狙いの時まで温存して、いざという時に利用します。

 

IPO株申込用に証券口座を増やす

 

 

やっぱり多く申し込んだ方が当選確率が上がるのは事実です。はい…

 

 

私は、IPO申込用に証券会社の口座を複数利用しています。

SBI証券・楽天証券・岡三オンライン証券・野村証券・松井証券・ライブスター証券・マネックス証券・カブドットコム証券

8つの証券会社に私と夫の口座があり、申込をしています。

 

多くの証券会社の口座を利用していますがその中でも

 

IPO株申込時に抽選金のいらない証券会社・完全平等抽選の証券会社の口座

 

の利用は絶対必要だと断言します!!

 

ぜひ利用してほしい

 

スポンサーリンク

IPO株申込時に抽選金のいらない証券会社とは

 

通常、IPO申込時点で証券口座に抽選金の入金の必要があります。

この場合当選するしないにかかわらず、資金の準備が必要です。

その上、申込から選結果が出るまでは資金が証券会社に拘束されてしまいます

そのため、ある程度の資金が必要になります。

 

しかし一部の証券会社ではこの抽選金の入金がなしで抽選に参加する事ができます。

 

当選した時に申込金額を入金すればいいだけなので、資金拘束がありません。

 

私が利用しているIPO株申込時に抽選金のいらない証券会社

岡三オンライン証券 ・ 野村証券 ・ 松井証券 ・ ライブスター証券

 

完全平等性の証券会社

 

完全平等性の証券会社は、大金持ちも私のような資金力ナシの主婦でも同じように平等に抽選してくれる証券会社です。

資金力による格差が無いので必ず申込をしています

私が利用している完全平等性の証券会社

マネックス証券

 

まとめ

①本命だけ全力で申し込む

③SBI証券IPOチャレンジポイントを効果的に貯める

②申込口座を増やす

の3つの事に心がけて、くじ運ナシ・資金力ナシの一般的な主婦の私でも、連続でIPOに当選することが出来ました。

IPO株は抽選に当選後は、公開初日に初値で売るだけで利益を得る事ができます。

 

戦略や優待など 日本株
スポンサーリンク
記事が気に入ったら◇richlabo◇をフォローして頂けると嬉しいです!
リッチLab