家計を守る!インフレ対策と自分は楽してお金に稼いでもらう方法

再投資でお金を増やすお金の基本とクレジットカード

2019年は食料品や日用品の値上げが多いですね。インフレ(物価上昇)は進んでいると実感します。

インフレから資産を守るための対策は待ったなしの状態になってきました。

今回は私が実際にしている「インフレ対策」と「お金にお金を産んでもらう=お金に稼いでもらう方法」をまとめました。

スポンサーリンク

預金を移動するだけで21倍の金利

預金でもお金は少しですが働いてくれています。だだ、注意として

 

預金していればどこでもいいわけではありません。

 

例えば3大メガバンクでの預金の金利は年0.01%。

この金利では意味がありません。ネット銀行の方がまだ金利は高いです。

 

私がしているのは楽天銀行への資金移動

 

私は金利の低いメガバンクから楽天銀行に資金を移動して「金利年0.21%」メガバンクの21倍の金利を得ています。

会社の関係でメガバンクに給与が振り込まれる方。特にボーナスは楽天銀行に移動して1か月程度寝かしておくだけで21倍の金利がもらえますよ~

人気記事で方法を詳しく書いています。

人気記事 資金移動で21倍の金利 楽天銀行活用でボーナスを短期集中貯蓄

 

お金を産むものに変えてお金に稼いでもらう

お金にお金を稼いでもらう代表は「投資」ですね。

ただ、投資というと損をする可能性もあるのは事実です。

なので私は、投資による資産運用からギャンブル的な要素はとことん無くして安全・安心に運用するように心がけています。

夫が大損して痛い思いしたからね…

株式投資

株式投資は株の価格の上下があり、元本も保証されません。

株式投資に対する私のスタンスは長期保有で配当金をコツコツもらう事(インカムゲイン)が目的です。

短期での株価の上昇による儲け(キャピタルゲイン)を目的にはしていません。

そのようなスタンスで投資する事で、株価の上下に一喜一憂することなく、ムリせず資産を運用する事が出来ると考えています。

日本株投資

株価が下がっても一喜一憂しないために、購入する銘柄には自分なりに決まりを設けています。

・配当利回りが良い事
・株主優待がある事

 

単純すぎる?

実際にいざ株を買ってみると買った直後に価格が下がる…なんてことも結構あります。

でも、株主優待や配当金がある株なら楽しみもあるし、長期で保有する事が目的なので配当金がある事は最も重要なポイントです。

銘柄スクリーニングの時は、割安株への投資が出来るような指標を参考にしています。

関連記事 私の投資スタイル~バリュー投資~

 

米国株

日本株だけでは資産に偏りがあり心配なので海外の株式に米ドルで投資しています。

米国企業は日本企業よりも株主還元を重視しています。

米国株には50年以上連続増配している企業など配当が多い企業が多く存在します。

そして、世界的に有名な絶対に倒産はしないであろう企業へ少額から投資する事ができます。

【例えば】

世界的に有名なコカ・コーラ(バフェット氏も投資していましたね)も1株5,000円程度~投資する事が出来ます。

参考記事 米国株投資はどの証券会社も同じ?マネックス証券で米国株投資をしています

外貨建てMMF

いきなり米国株投資は不安な場合は、「外貨建てMMF」がおススメです。

私も、米国株を購入するまで米ドルは外貨建てMMFで運用しています。

外貨建てMMFは最も安全な国債や社債で運用されているので安心なうえ、高金利です。

関連記事では、外貨建てMMFの詳しい説明と外貨預金との違いをまとめています。

関連記事 外貨建てMMFはリスクなく高金利な海外資産の分散方法

 

スポンサーリンク

投資信託への投資

投資信託はデメリットとして、個別の株を購入するより信託報酬などの手数料が余分にかかります。

その分メリットとして

☑個人では購入出来ない国の株がポートフォリオに組み入れられている
☑手軽に多くの株式に分散投資ができる

私は、投資信託でも冒険はしたくないので、アクティブファンドではなくインデックスファンドに投資をしています。

参考少額から出来る資産分散としての投資信託

 

分配金をそのまま再投資する設定にして複利運用しています。

複利運用する事で、お金がお金を生む=お金が稼ぐ状態にしています。

 

【参考】分散投資の代表格ロボアドバイザーウェルスナビ

自分のリスク許容度に合わせて

投資商品の選定・資産配分・運用・リバランス・全てロボアドバイザーがおまかせで資産運用してくれます。

運用の期間を10年~30年、効果的な複利運用をしています。

自分のリスク許容度診断(無料診断)→ウェルスナビ

不動産投資

インフレ対策として一番効果があるのは不動産投資といわれています。

お金は流動資産と言われますが、その反対は不動産です。

インフレでの物価上昇とともに不動産の価格も上昇する傾向にあります。

現在はマンションやワンルーム投資がサラリーマンでもやりやすくなっています。

近ごろは女性向けの不動産投資セミナーも増えました。

働く女性のための不動産投資セミナ―は参加費0円でスイーツを食べながらセミナーに参加できるようなので、気になるセミナーの一つです。

J-REIT

インフレ対策とはいえ、不動産を購入するのは金額が大きいので、簡単には出来ないですよね。

まずは5万円程度の少額から投資できて分配金利回りの高いJ-REIT(不動産投資信託)を購入しています。

参考 安定・高利回りのJ-REITについてくわしく

まとめ

我が家のインフレ対策、お金に稼いでもらう方法。いかがでしたか?

投資で得た配当金や儲けは再投資してどんどんお金を増やす

これこそがお金に稼いでもらう方法です。

銀行に預金しているだけでは、資産が目減りしてしまうインフレ。積極的に情報を集めて豊かな生活を送りたいですね。