【家計どん底からの再起】投資+複利+時間を味方に確実にお金は増える

すべての人に平等に与えられているもの。それは時間です。
お金の心配を無くすために誰にでも出来る事は、時間を味方につけで資産を増やす事。

【運用基本のき】家計どん底から再起する第一歩は複利効果の勉強と活用でした

投資+複利+時間を味方にして資産をプラスにし、お金に働いてもらう事で不労所得を増やします。

 

複利効果を活用するかしないかで10年後の資産額は桁違いになります。

スポンサーリンク

複利効果とは

 

利子に利子が付く事

利子が利子を生みより多くのお金が貯まる状態です

 

利子や配当金を運用するお金(元金)に組み入れることで運用資金を大きくします。

大きくなった運用資金には以前より多くの利子と配当が付きます。

投資+複利

これを繰り返すことで元金も利子もどんどん大きくなります。

 

預金の利子・株の配当金・ポイント発生

消費せず投資の元金にあてる

元金が大きくなる

大きい元金で投資が出来る

利子や配当金が増える

増えた利子や配当金を消費せず投資の元金にあてる

増えた元金からまた利子や配当金が生まれる

雪だるま式に利子や配当金が増える仕組みが出来る

お金の増えるスピードが加速する
スポンサーリンク

複利と単利の違い

 

単利=得た利益を元金に組入れない事

 

同じ金額を運用した時、複利と単利ではいくら金額に差が出るのか計算しました。

【100万円を年5%で運用】

100万円を年利5%を単利と複利で運用した時の差の表

単利の場合 複利の場合 差額
0 年後 1,000,000 1,000,000 0
1 年後 1,050,000 1,050,000 0
2 年後 1,100,000 1,102,500 2,500
3 年後 1,150,000 1,157,625 7,625
4 年後 1,200,000 1,215,506 15,506
5 年後 1,250,000 1,276,282 26,282
6 年後 1,300,000 1,340,096 40,096
7 年後 1,350,000 1,407,100 57,100
8 年後 1,400,000 1,477,455 77,455
9 年後 1,450,000 1,551,328 101,328
10 年後 1,500,000 1,628,895 128,895

10年後に100万円は

単利は1,500,000円  複利は1,628,895円

その差なんと  128,895円 です。

複利での運用は単利で運用する時の約1.63倍になります

 

複利効果をより多く得るには少しでも早く始めること

冒頭にも書きましたが、みんなに平等に与えられているものは時間です。

逆に平等なのは時間だけと言っても良いのではないでしょうか?

 

【バビロンの大富豪 「繁栄と富と幸福」はいかにして築かれるのか】という本を読んで

少ない利子や配当金も、投資から得たお金は徹底的に再投資に回すようになりました。

投資を始める方・投資している方どちらも必読の1冊として多くの投資家が勧めている本です。

歴史が移り変わっても変わらない「黄金の知恵」が書いてあります。

 

投資に必要なものはお金?

 

株式投資ってお金がかかるんでしょ

 

「100円から投資出来る投信積立

楽天証券での楽天ポイント投資」など今は少額でも投資が出来る環境が整っています。

ちなみに、

米国株のコカ・コーラは46$日本円にして約5,000円程度で購入する事ができます。

米国株の一番簡単で具体的な始め方・ドル建て配当金でお金を増やして守る
米国株の始め方を徹底解説。お金を増やして守るならドル建て資産は必須です。好調・連続増配企業も多数の米国株投資で確実に配当金を得ましょう。

税制優遇のあるiDeco(イデコ)やNISAなど、国も投資を後押ししています。

 

投資に必要なのは、お金では無くお金を大切に思う気持ちと勉強する姿勢です。

 

もし、仮想通貨に興味があるのなら
大手ポイントサイトの「ハピタス」ではポイントをビットコインに交換する事もできます。
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

複利戦略

 

細かなポイントも残さず投資へ回す→投資で得た利益は再投資

 

この繰り返し。繰り返しが大切。

現在は労働以外の収入源から得たお金は、すべて再投資に回しています。

まとめ

〇利子や利益は再投資
〇100円からでも投資が可能
〇少額でも早く始めることで複利運用効果をより多く得ることが出来る

複利の大切さを知ってからは、利子や利益は再投資に回して、少しでもお金が増えるように運用しています。

今すぐ初めてより多くの複利運用の効果を得たいですね。

関連株を買うのはいけないこと?投資に関する誤解

関連ポイ活の注意点と本当にたまるポイントサイト一覧

関連100円から出来る投信積立