ベトナム投資信託に楽天ポイントで投資する

我が家のメインカードは楽天カードなので、楽天ポイントを重点的に貯めています。

楽天証券での投資メリットは

〇楽天ポイントを使って投資出来る

〇100円から投資出来る

ポイントで投資するので、少しリスクを取って新興国に投資したいと思います。

今回は新興国でも今注目のベトナムの投資信託を調べました。利用する証券会社は楽天証券です。

投資信託を購入するにあたって決める事

 

投資信託の購入する前に、リスク許容度から投資対象と投資国を絞っていきます。

 

何に投資するか【投資対象】

 

投資信託の主な投資対象は 債権・株式・リート・コモディティ・バランス

リスクの大きさ順にならべてみると

 

バランス < 債権 < 株式・リート・コモディティ

 

となります。今回はリスクを取っていくので、【株式】を投資対象にします。

 

どこに投資するか【投資地域】

 

投資する地域は

日本・海外(先進国)・海外(新興国=エマージング)

とあります。

リスクの大きさでは

日本・海外(先進国) < 海外(新興国=エマージング)

 

エマージング市場とは

エマージング市場とは、新興国市場とも呼ばれています。

中南米、東南アジア、中東、東欧、アフリカなどの国々を言います。

 

エマージング市場で注目される国々

エマージング市場の中で BRICs ・ ネクスト11 と呼ばれる国々が注目されています。

(BRICs・ネクスト11はゴールドマンサックスが提唱している新興国クループの名称です。)

 

BRICs 有力新興国の頭文字をとった言葉。

ブラジル・ロシア・インド・中国 の4カ国

ネクスト11 BRICsに続き成長が期待できる新興国グループの総称。

ベトナム、韓国、インドネシア、フィリピン、バングラデシュ、パキスタン、イラン、エジプト、トルコ、ナイジェリア、メキシコの11カ国

 

今回のスタイルは多少リスクをとっても積極的にお金を増やしたい。

資産タイプ 株式(海外)
投資地域  エマージング(新興国)
買付(販売)手数料 なし
100円投資  あり

で調べてみました。

(楽天ポイント利用の為、楽天証券で調べていますが、他の証券会社でも取り扱っています。)

110件ありました。

新興国ファンドは組入れ上位が中国系の企業がほとんどです。

という事で、今回は「ポスト中国」と呼び声高い「ベトナム」を投資対象国としている投資信託をピックアップしていました。

スポンサーリンク

ベトナム投資信託

ベトナム成長株インカムファンド

ファンドスコア ☆5

管理費用(信託報酬含む) 1.8468%

基準価格 12,520円

純資産額 204.41億円

決算日  2月5月8月11月

運用会社 キャピタルアセットマネジメント

 

主要投資対象

ベトナム取引所に上場する株式・

世界各国の取引所に上場するベトナム関連企業の株式

 

組入れ銘柄上位

ビナミルク 9.28%

ベトナム外商銀行 8.09%

HDバンク 7.80%

ペトロベトナム・ガス 7.40%

 

組入比率

銀行 25.8%

食品・飲料・たばこ 16.4%

不動産 11.5%

運輸 9.8%

公共事業 8.1%

その他 28.4%

 

取扱証券会社

楽天証券 SBI証券 カブドットコム証券 マネックス証券 松井証券

 

CAMベトナムファンド

ファンドスコア ☆5

管理費用(信託報酬含む) 2.5704%

基準価格 17,504円

純資産額 64.57億円

決算日  6月12月

運用会社 キャピタルアセットマネジメント

 

主要投資対象

ベトナム取引所に上場する株式

世界各国の取引所に上場するベトナム関連企業の株式

 

組入れ銘柄上位

ビナミルク 10.10%

ベトナム外商銀行 7.70%

HDバンク 7.70%

ペトロベトナム・ガス 7.50%

 

組入比率

銀行 25.8%

食品・飲料・たばこ 16.4%

不動産 11.5%

運輸 9.8%

公共事業 8.1%

その他 28.4%

 

取扱証券会社

楽天証券 SBI証券 カブドットコム証券 マネックス証券 松井証券

 

ベトナム・ロータスファンド

管理費用(信託報酬含む) 2.1276%

基準価格 10,562円

純資産額 5.62億円

決算日  1月

運用会社 ファイブスター投信投資顧問会社

 

主要投資対象

ベトナム取引所に上場する株式

世界各国の取引所に上場するベトナム関連企業の株式

 

組入銘柄上位

VANECK VECTORS VIETNAM ETF         44.68%

ビナミルク 4.28%

ビングループ 3.75%

 

取扱証券会社

楽天証券 SBI証券 ニュース証券

(すべてデータは2018年8月2日現在のものです)

まとめ

ポイントを利用して投資するという事で、ちょっと冒険してエマージング市場の中でも特にベトナムを調べてみました。

私は「ベトナム成長株インカムファンド」を購入しようかな~と迷っています。

エマージング市場はリスクが高いので、投資する際は皆さんお気をつけ下さい。

※投資は自己責任でお願いします。

 

楽天カードでポイントゲット。ポイント投資に利用しています申込はこちら


コメント

  1. […] 〇ポイントで買うならちょっと冒険して新興国の投資信託 […]